【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第6話「愛なきセブの渋滞」

th_16735286_1456692517698374_844859483_o

セブ市内でバイクが治り、浮かれていた僕。

この時6PMすでに、逢魔が時になっていた。

ようやく、愛すべき街ドゥマゲテに帰れる。

14079972_1272678519433109_1231781983558712623_n

そんな郷里への愛から僕は大切なことを忘れていたのだ。

現実では、既に戦争が始まっている。

僕はその現実に15分後に出会う。

6:15PM市内の道路にて

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

街は強烈な渋滞が始まっていた。

街中はクラックションの罵声が飛び交い、

視界は排気ガスでまっしろ

th_16763595_1456695834364709_1366817351_o

この時、人々は理性を失い、獣になる。

「譲り合い」そんな言葉はここにはない。

もう、この渋滞は、空間の争奪戦

いかに家路に早く着くか、そのためには他者を蹴落としてでも

自分が前にいく!

そんな力強い決意と、自己中心的な思いが錯綜している。

僕は、この時に思った。

th_16763595_1456695834364709_1366817351_o

セブの渋滞には愛がない。

ホスピタリティーの欠片もない。

あるのは、獣のように牙をむき出し

自己中心的になった人の姿をした獣たち

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

僕は、この「ポンコツバイク」「ぽんこっつくん」との

信頼関係がままならないまま、この渋滞戦争に突入していった。

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

ものの数分で僕の体は「排気ガス」の匂いで溢れ

顔中は煤だらけ。

咳が止まらない。

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

いつまでもけたたましく鳴り止まない、魔獣の咆哮クラクション。

僕は、このすさまじく、禍々しい空間にめまいを覚えていた。

同時に、僕のお腹もクラックションを鳴らす。

こんな時にも人は腹を空かすのだ。

現在時刻6:20PM 

思い返せば、ドゥマゲテを出てから既に

24時間が経過している。

その間僕は、何も口にしていないことを思い出した。

14079972_1272678519433109_1231781983558712623_n

「腹も減るわけだ」

ということで、僕は

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

というけたたましい戦火のなか、空腹を耐えて、セブシティーにある

船着場にバイクを走らせた。

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

信頼できない相棒「ぽんこっつ君」は陸路での移動はできない

と決断した僕は、船で積み込みドゥマゲテに帰ることにした。

ようやく港に着くと、

まさかの

「乗船拒否」

どうしてだ!

なぜだ!

どうしたらいいのだ!

th_16558472_1449831931717766_961250367_n

僕はお金を払うと言っている

既にチケットを持っている!

なぜだ….

しばらく、打ちひしがれること2

僕の頭には、「決意と覚悟」があった。

th_16558472_1449831931717766_961250367_n

「仕方がない、陸路で移動しよう」

僕は、バイクを切り返し、2分前よりも強い意志で、港を後にする。

ここでまた思い出す。

14079972_1272678519433109_1231781983558712623_n

「腹が減った」

この時、6:57PM セブの港にて。

僕はまた、いまだ続く交通渋滞という名の戦争。

また、戦火に戻ることになった

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

ブー、プップー

ブー、プップー

ブー、プップー

ブオーンブオーン

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

排気ガスにまみれながら、

悲しみにまみれながら

でも、そんな状況でも人はたくましくなれる

希望さえ持っていれば….

ほら見てごらん、

SRP

SRP

遠くに大きな建物があるよ。

僕はショッピングモールを見つけた

「ここで、食事を取ろう、そして時間を潰して、渋滞をやりすごそう」

僕はこのショッピングモールで

th_16776691_1456695714364721_817069853_o

日本のソウルフード「吉野家」に出会う。

th_16776691_1456695714364721_817069853_o

僕の意識はここで飛んだ。

「食欲」という人々が皆持つ、欲望に支配されたのだ

無心で食らう

食らう

食らう。

満腹だ。

そんなこんなで腹を満たし、つかの間の幸福に包まれてから

ショッピングモールを探索した。

スケートリンク

スケートリンク

フードコート

フードコート

時間は過ぎ去り、夜9:45分になっていた。

外に出ると、渋滞の様子はない。

祭りの後の静けさのように、蜂の子を散らしたように

あの、渋滞という名の戦争は跡形もなかった。

th_16776762_1456695967698029_864104785_o

僕は、冷たく冷やされた風を感じながらセブシティを後にするのだった。

現在時刻9:45

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第1話「悪夢の知らせ」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=1841

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第2話 「逢う魔が時」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=1913

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第3話「遠のく意識とバス」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=1915

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第4話「罠」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=1919

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第5話「嘘つき」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=1997

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第6話「愛なきセブの渋滞」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=2001

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第7話「米とゆで卵」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=2006

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第8話「深夜の山道で」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=2017

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第9話「絶望」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=2019

【フィリピンでバイク旅】恐怖の大パニック旅。第10話「旅の終わりネタの終わり」

http://matsuoka-yoshihiko.com/?p=2023

役に立ったら是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です